那岐駅











津山周辺から少し離れますが、良い雰囲気の駅を紹介します。
この駅は、因美線の最後の開通区間:智頭駅〜美作河井駅間の開通時(1932年(昭和7年))に開業した鳥取県側の駅です。相対式ホーム2面2線を有した行き違い設備がある駅となっています。駅舎は開業時の姿をとどめていますが、旧駅事務所の部分には何と診療所(那岐診療所)となっています。傾斜地に駅が設けられたため、駅本屋にある改札口からホームまでは結構急な階段になっています。急行「砂丘」の走行中のタブレット交換が見られたことから、同列車の廃止前には多くの鉄道ファンで賑わいましたが、現在はひっそりとしています。

那岐駅の位置