あけぼの旅館



■もとは「あけぼの楼」と称し、建築年代は明治初期と考えられて、津山市内に現存する旅館の中では最古の旅館建築と言われています。明治41年(1908)には乃木希典夫妻が宿泊。戦後の道路拡張の際に、表の2階部分が1階に改築されましたが、奥の2階部分は、水廻りを除いて旧態を残しており、床飾り・欄間・天井などの数寄屋〔すきや〕風書院造の造作は、明治時代の格式ある旅館の特徴を現代に伝えています。平成12年に国登録有形文化財に指定されています。

あけぼの旅館の位置