美作千代駅






美作千代駅の開業は1923年(大正12年)8月、姫新線の開通と同時に設置されたものです。駅本屋は木造で、窓枠がアルミ製になっているものの、その他は開業当時の面影を残しています。片側のホームが廃止され、現在使用されているのは1本のホームだけになっていますが、廃止されたホームはそのままの形で残っています。駅前の郵便ポストももちろん現役です。

美作千代駅の位置