美作河井駅







1931年(昭和6年)9月に開業した岡山県と鳥取県の県境駅です。かつては上下の列車がすれ違うことのできる島式2線のホームでしたが、急行砂丘の廃止(1997年/平成9年)とともに片側のホームが廃止、現在使用されているのは1本のホームだけになっていますが、構内は広く、ピットや転車台が残っています。駅舎は一部アルミサッシに変更されていますが、小荷物窓口と切符売場は開業当時の姿を今に伝えています。改札口は簡易なものに変更されています。
この駅も高野駅同様、急行砂丘の廃止直前は走行中のタブレット授受が行われていたため、多くの鉄道ファンが集まりました。


美作河井駅の位置