美作加茂駅







美作加茂駅横の保線小屋。これはレトロ過ぎ?


1928年(昭和3年)3月に完成、2面2線の相対式ホームがあり、因美線の岡山県側では唯一列車交換ができる駅になっています(姫新線との接続駅である東津山駅を除く)。かつての急行砂丘の停車駅で、手渡しによるタブレット交換(急行砂丘の写真参照)が見られました。この駅は2003年(平成15年)6月に駅舎が建て替えられたため文化財等の指定は受けておりませんが、鳥取方・岡山方それぞれに貨物ホームの跡を残し、地方が栄えた古きよき時代の雰囲気を持っています。駅舎内にはSL(8620型が引く客車の写真が掲示されています)。

美作加茂駅の位置