しくみルーム


■しくみルーム正確で安全・快適な鉄道。どのようにして正確な運行が行われているのか、技術や工夫について体験設備も交えて紹介しています。旧「懐かしの展示室」から移設された展示物がメインです。
しくみルームの入口。古い駅の窓口がイメージされています。
部屋に入ると列車に乗る際に必要となる行動が順にパネルで掲げられています。でも、切符を買う前に発車時刻とか調べるのではないかと思った管理人でした。
古い手書きの切符も。
伯備線と姫新線の古いダイヤグラム。
列車種別、愛称板、行先板の実物が・・・。

良く見ると、リニアモーターカーの走行模型。何で?
昔の駅事務室にあった機器が展示されています。スタンプもありますよ。
駅名板や、急行「砂丘」のヘッドマーク、SLのナンバープレートも。
線路の構造、ポイントの仕組み。
信号と、何と言ってもタブレット閉塞機器でしょう。これ操作出来るんですよ。
アップしてみました。因美線で使用されていたものです。これを操作出来るんですよ。