急行「やまのゆ」


 1964年(昭和39年)3月、京都〜中国勝山間の急行として登場、東海道・山陽本線・姫新線を走り始めましたが、1968年(昭和43年)9月に「みまさか」へ統合される形で廃止されました。
 その後、1972年(昭和47年)3月から岡山〜新見〜広島間(伯備・芸備線経由)の急行「たいしゃく」を津山〜広島間(姫新・芸備線経由)の急行列車として再登場、芸備線(備後落合〜広島)内では急行「ちどり」と併結して5時間30分をかけて走りましたが、山陽新幹線の博多開業等により徐々に乗客を減らし、1980年(昭和55年)9月で廃止されました。広島行きだけに指定席が設定された変わり種の列車でした。



写真が無いので模型で2両編成のイメージを再現


左:「やまのゆ」の指定席券 右:「やまのゆ」「ちどり」「たいしゃく」用の急行券いずれも車内発行切符


「やまのゆ」の急行券・指定席券