急行「みささ」


 1960年(昭和35年)10月に姫新線・因美線経由で大阪〜上井(現在の倉吉駅)間の準急列車として「みささ」の運行を開始。列車名は倉吉駅が最寄駅となる「三朝温泉」から得たものです。1966年(昭和41年)3月に「みまさか」とともに急行に格上げされました。1968年(昭和43年)10月に同じ区間を米子まで走る「かいけ」と統合、愛称が「伯耆」となり、「みささ」の名前は一度消滅しますが、「伯耆」の名称が伯備線の急行に用いられることとなり、「みささ」の名称は復活することとなります。
 「みささ」は大阪〜鳥取間、最短距離を走る優等列車として重宝された列車で、長らく大阪〜鳥取間2往復の運転でしたが、中国ハイウェイバスの台頭により1往復に減便、1989年3月に長年の相棒であった「みまさか」とともに廃止されました。
 大阪〜津山間は繁忙期、「みささ」「みまさか」は両方で10両を超える長大編成、さらに「みささ」1往復は津山〜鳥取間で「砂丘」を併結、これも10両を超える長大編成となり、姫新線・因美線を走っていました。現在では、キハ120が1〜2両編成で走ることを思えば隔世の感があります。


みささ3号・砂丘4号(1981年1月 美作加茂〜知和)


急行「みささ」の愛称板


一時期使われた急行「伯耆」の愛称板