みまさかスローライフ列車


ローカル線の旅をのんびり楽しむ「みまさかスローライフ列車」。因美線津山駅〜智頭駅(鳥取県智頭町)が春と秋の年2回運行されます。物品販売や写真等の展示物が置かれた駅で20〜30分ずつ停車しながらの各駅停車の旅が楽しめます。以前はキハ28/58で運行され、車内は満員、沿線は多くの撮り鉄でにぎわいました。


 キハ58/28時代の「みまさかスローライフ列車」(美作滝尾−高野)


 旧ヘッドマークの時(美作河井〜那岐)


 三浦駅


 キハ58/28が岡山気動車区に転属したての頃。塗装が真新しい(美作河井)


 キハ28/58最後の春(知和〜美作加茂)


 「みまさかスローライフ列車」の始まりはJR四国から借り入れたキハ65/58でした(美作滝尾)