ヘッドマーク付き列車


津山地域で見られたヘッドマーク付きの列車を掲載しました。この欄はお借りした写真もあるので、転載禁止です。

津山と言えば何と言っても急行「砂丘」ですよね。


まなび館では時々、このような場面も見れます。


そして砂丘色の車体とともに。


この列車も走りました。


この塗色も間もなく見納め。ひな祭りの臨時列車、走り始めた頃は津山側がキハ47、新見側はキハ120でした。


ここからは「みまさかスローライフ列車」。
















津山と言えばB級グルメの宝庫。このような列車も走りました。


岡山地区のキハ58,28の終焉です。


春恒例の列車。


サッカーなでしこリーグ、美作市を本拠地としているの「岡山湯郷ベル」の応援列車も走りました。主力メンバーの退団が騒がれていますが、何とかチームを立て直して欲しいものです。


毎年恒例、夏の「津山ごんご祭り」をPRする「ごんちゃん号」。


このヘッドマーク付き列車は3ケ月限定でしたね。


ここからは転載禁止でお願いします。最近走った列車です。


転載禁止


転載禁止


転載禁止


この組み合わせ、来年も見れるのでしょうか。転載禁止です。


最後に。このシールマークは要らないですよ。