今日の一枚(27年12月)


管理人の気まぐれで追加していきます(ブログ代わりですね・・・・)。


12月31日今年最後の一枚は、坪井駅での行き違いです。マンネリ化した内容にもかかわらず、今年も多くの方にご覧いただきました。ありがとうございました。

皆さま良い年をお迎えください。



12月30日今日の管理人は昨日までの長旅の無理がたたって、全身筋肉痛。乗り換えダッシュが効いたのでしょう。奥様いわく、「もういい歳してるんだから無理しないの」ということで、本日は撮影に出向きませんでした。ということで26日に撮影した「はまなす」牽引ED79の写真でご容赦ください。ギャラリーに今回の長旅を掲載してみました。少々クドイかもしれませんが、ご笑覧いただければ幸いです。


12月29日暫くの間、更新をサボっていた管理人。何処に行っていたかと言うと、息子を連れてこの列車に乗りに行っておりました。切符はゲットしていたのですが、実際に行けるかどうかは会社次第。何とか行けることになった時は、既に青森まで行く交通手段は時期も時期だけに満席のオンパレード。

何とか東京までの夜行バスの切符を確保、その先は通称「北東パス」を用いた鈍行(一部、新幹線で時間短縮)乗り継ぎで青森まで行ってきたのでありました。そうです、最後の定期、そして夜行急行「はまなす」のさよなら乗車なのであります。青森発車後に車内放送でハイケンスのセレナーデが流れたときは、感動で涙ウルウルとなった管理人でありました。詳細はギャラリーで報告します、という予告編が本日の一枚なのであります。そんなの見たくないって言われるかもしれませんが、どうぞご容赦ください。(201レ 青森駅)



12月23日今年も残すところ一週間になりました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。管理人は相変わらず子供の部活で早朝から岡山遠征。帰途、列車が来る時間に気付き、道路端に車を停めて一枚パチリ。雨の降るなか、岡山行きがやって来ました。(弓削〜神目)



12月20日今日は美作千代駅に出没した管理人。駅正面から駅舎の向こう側に列車が到着する写真を撮影しようと思っていたのですが、駅には先客がいたため、駅の反対側から列車が到着するところを一枚パチリ。残念ながら乗降客はゼロでした。この駅は大正12年の生まれ。いつまでも残して欲しいものです。



12月19日子供の送迎のついでに少し遠回りして美作滝尾駅の近くへ。津山行きがやって来ましたが待ち人おらず。今日は、かぶりつきしている人は居ませんでした。(美作滝尾〜高野)



12月18日

岡山支社、二つの観光列車。来春の岡山デスティネーションキャンペーンを契機として走る列車で、上は宇野線、下は津山線を走ります。しかしまた随分とイメージが違いますねぇ。イメージ図を並べてみると、上は南欧風でお洒落な雰囲気なのに、下は何とも野暮ったい雰囲気ですね。列車名も「La Malle de Bois」という横文字に対して「みまさかノスタルジー」。う〜ん・・・。

「みまさかノスタルジー」は「快速ことぶき」に充当される際は指定席が設定されるようですね。「快速ことぶき」の指定席復活は久し振りです。かつては4〜2ボックスだけの指定で「最低の・・・」と呼ばれたこともありましたが、今度は一両丸々指定席のようです。皆さん、ご乗車になってくださいね。そうそう、昔懐かしいサボも是非復活して欲しいものです。

ただ、管理人の関心事は、観光列車の話題よりも来春のダイヤ改正。本日発表されたようですが、因美線や姫新線の減便が無くて良かったです。JR北海道を見ると一日一往復の区間が生じるなど悲しいニュースが流れていますが、そうならないように、皆さん乗車をお願いいたします。



12月14日今日は午後から茨城県からのお客さん対応だった管理人。時間があったことから、津山扇形機関車庫(もちろん外から)と美作滝尾駅をご案内しました。すると機関車庫ではレールを復活させる作業の真っ最中でした。

お客さんも貴重な光景を見ることが出来たとの感想。さらにこの後、美作滝尾駅に行きましたが、「これは素晴らしい」と絶賛しておりました。このような昭和初期の鉄道近代産業化遺産が数多く見られるのも津山の良さです。どうど皆さん、津山へ足を運んでください。



12月13日いつも代わり映えしない写真ばかりなので、気持ちだけ流し撮りをしてみました。坪井駅では14時57分に上下列車が交換するので、駅の近くで撮影すれば姫新線にしては撮影効率が良いのです。ただ風景は平凡です・・・。先に来るのは津山行きのキハ120単行列車。

そして交換を終えた中国勝山行きのキハ40。車種が異なるのも楽しいですね。(坪井〜美作追分)



12月12日今日は子供の送迎を兼ねて、高野駅〜旧津山扇形機関車庫を回ってみました。地元の方々が花を植えているんですね。この時期に花が咲いているのは有難いことです。そうそう、市内の東一宮では川岸の桜並木の花々が咲いている! ここ数日春のような陽気で季節を間違えたのでしょうか。今咲くと、春の桜のシーズンはいかに。鶴山公園の桜は大丈夫でしょうか。それとも今咲いても、春に再び咲くのでしょうか。

高野駅の列車時刻表。本日一枚目の写真は11時45分の智頭行き。上り列車は5時間振りです。それにしても普段は数人しか乗車していないのに、立客がいる盛況。いったいどうしたのだろうと思いましたが、すぐに「青春18きっぷ」の期間に入ったことを悟りました。

その後、扇形機関車庫の裏に回ってみると、ガラスの交換作業のためか足場が設置されていました。昨日の強風にも耐えたのですね。

遠くから見るとあまり変化は無いようですが・・・。

線路を復旧させるエリアは土台が完成しています。

D51はブルーシートを被ったままですが、キハ52はピカピカ。

キハ181も色褪せしているんですよね。

DF50とDD13は奥に閉じ込められたまま。

キハ33も色褪せしていますよ。

DE50とDD16もそろそろ扇形機関車庫に収納して欲しいですね。

日中は国鉄型も一休み。

扇形機関車庫の脇を駆け抜ける、というよりはのっそりと進む快速岡山行きを見送って帰途につきました。車中は因美線よりも乗客が少なかったかも・・・。



12月11日東京出張の管理人。この列車はこれまで撮影する気になれず、見ても写さなかったのですが、来春廃止になると聞いては、一度は撮っておこうかと、尾久駅で同業者数人とともに撮影。でも東日本は日が暮れるのが早いですね。シャッタースピードは60分の1がやっと。駅のホームの灯りで何とか撮影出来ました。

駅員の方が見送るのも、もう数ケ月ですね。北斗星、カシオペアは出張の空き時間に見ることの出来た管理人ですが、ラストエクスプレス「はまなす」は難敵ですね。青森や札幌の出張はさすがに無いので・・・。でも見たい、乗りたい管理人です。ただ、財布の中身が・・・。



12月9日今日は少し遅くまで市内で仕事。津山駅西方の踏切が通れるようになったため、帰途、旧津山扇形機関車庫の方を廻ってみました。キハ52とキハ28がすっかり綺麗になっていました。やっぱり退色した車両よりは見栄えが良いですよね(味が無いという声も聞こえてきそうですが・・・。これは好みですね)。まなび館のオープンに向けて着々と準備が進んでいるようです。

ちょうど岡山行きの列車が発車するところでした。後方のホテル南側の上階の部屋は扇形機関車庫を見下ろすのに最適です。足元は列車が行き交いますしね(行き交う頻度はご容赦を)。一度お試しください。先日津山口駅の猫の話題を載せましたが、いつも居るとは限りませんのでご容赦ください(お問い合わせをいただきました)。管理人も見たり見なかったりしています。



12月5日師走に入りました。今朝の津山は川霧に包まれ、陽が射したのは10時頃。今日は子供の送迎のついでに、津山口駅で撮影してみました。駅に着くと、当駅のアイドル猫「トラちゃん」が、おっさん座りでゆる〜い雰囲気。50p程度まで間近に寄って撮影しても、我関せず。

列車が来ても我関せず。実に堂々たる猫なのであります。

一応、列車主体の写真も撮っています。

快速列車が通過していきました。なお、「トラちゃん」とは管理人が勝手に名付けたもので、本当の名前は知りません。あしからず・・・。