津山の美味しいもの

少しずつですが、管理人が旨いと思うものを紹介していきたいと思います。

干し肉
塩もみした牛のモモ肉を乾燥させた逸品。ビーフジャーキーと勘違いされる方もいますが、津山の干し肉は軟らかい肉質が最高ですし、料理も簡単です。干し肉は市内の精肉店で販売しているほか、通信販売をしているところもあります。「津山 干し肉」で検索してみてください。
最近こんな記事が掲載されていましたのでご一読を。


■煮こごり先に「秘密の県民シ○ヨー」という全国版の娯楽番組で紹介された津山名物が「牛の煮こごり」です。国産牛のアキレス腱、スジ肉、作州牛肉を原料として、唐辛子、醤油でコトコト煮込んだものを冷やすと「牛の煮こごり」の完成です。これは美味しいです。管理人の一押しです!


■そずり鍋そずり肉とは骨の周りの肉をそぎ落としたもの。マグロの中おちのようなイメージですね。現在では様々な部位を削ぎ切りした肉を混ぜて使っている。醤油ベースの出汁に濃厚な旨みが溶け出しており、異なる肉の食感が楽しめる。野菜やキノコなど山の幸もふんだんに使われ、後口はさっぱりしたヘルシー鍋。時々スジが入ったりして、ゴリっとなるときがありますが、それはご愛嬌。これも美味しいです。


■ホルモン焼きうどんB1グランプリ上位入賞(最高位:2位)でご存じ「津山ホルモン焼きうどん」。プリプリの新鮮な牛ホルモンは、口の中で旨味がジュワ〜ッと拡がります。店によって野菜のトッピングが異なりますが、シンプルなのは玉ねぎとホルモンだけのものが管理人はお気に入りです。これも昔から食べている味で、B1グランプリ上位入賞を聞いたときは、「なんで?」と思ったものですが、美味しいんでしょうね。真庭市蒜山に立ち寄って、「ひるぜん焼きそば」との味の違いを楽しむのも良いですね。


■嫁泣かせこれは最近まで管理人もよく知りませんでした。牛の心臓近くの動脈(血管)がこの正体。クセは全くと言っていいほどありません。食感はアワビみたいにコリコリしています。ところで「嫁泣かせ」とネーミングはいずこから? スタミナがついて嫁さんを夜寝させないとか、嫁が泣くほど下処理が面倒とか、旨すぎて嫁の作る料理を食べなくなるとか諸説あるようですが、どれが本当なのか管理人には分かりません。それはともかく、美味しいことは間違いありません。ぜひ一度ご賞味を。


■北天まんじゅう最近、津山のお土産はと聞かれると紹介しているのが、この「北天まんじゅう」。甘さ控えめの餡が入った、しっとりとした食感の黒糖風味の蒸しパンのような饅頭です。値段も10個で550円とリーズナブル。管理人も一度に20個は買って帰ります。ただ、日持ちしないのが難点で、販売翌日までが賞味期限になっていますが、冷凍保存すれば良いようです。津山駅から北上して中国自動車道の高架橋の手前左側に小さな構えの店があります。お土産に是非どうぞ。


■生そば「日進月歩」

津山にこんな美味い蕎麦屋があったのを全く知りませんでした。アルネ津山の北側に続くアーケード街を二番街商店街に曲がって少し進んだ場所にある「日進月歩」。香り豊かな福井県産のそば粉を用いて香り豊か、そしてコシも強く美味です。セット物には、美しい形をした蕎麦がき、デザートのソバロワなど、ぜひ一度ご賞味あれ。


■和食の店「わらうかど」

お酒と和食のお店「わらうかど」。管理人は知らなかったのですが、ここの女性シェフは、あの有名なテレビ番組「テレビチャンピオン」で3位になった実力派。なるほど料理は美味しく、且つリーズナブルな価格設定。そしてお酒。日本各地の地酒を味あうことができます。津山駅から少し離れた場所にありますが、足を運ぶ価値のあるお店です。
(写真はお店のHPからお借りしました。管理人の撮影した写真はイマイチでした・・・)