今日の一枚(27年 1月)


管理人の気まぐれで追加していきます(ブログ代わりですね・・・・)。


1月31日昨夜岡山へ出掛けた帰りに少し寄り道して撮影した一枚。何か面白い撮影は出来ないかと、三脚を使わず手持ちで撮影したところ、あら不思議。下の方は比較的普通に写っているのに途中から上はタテにピンボケ。なぜこのような写真が出来たのか?(小原〜亀甲)



1月28日昨日は東京出張の管理人。新橋駅で東海道線から降りると、山手線外回り線ホームでは見慣れない色の列車が発車したところ。東京駅100周年記念ラッピング車だと思い、ガラ携で撮影したのですが、あえなくピンボケでした。(新橋駅)



1月26日何ということでしょう。屋根裏部屋に上がり探し物をしていた際に出てきたSLのミニナンバープレート。それも管理人が一番好きな機関車のプレート。これは北海道の旭川機関区所属で宗谷本線を走っていた本機の廃止記念品として配布されたものを購入したのですが、いつの間にか青サビが発生しているではないですか。屋根裏部屋の宿命である夏の高温多湿が影響したのでしょう。他の鉄板は一応大丈夫のようですが、我が家には避難させる場所がありません。ということで使っていない実家の自分の部屋に避難させようと、お袋に相談したところ、変な物持ってこないで、とのこと。さてどうしましょう、困った、困った。



1月25日子供の部活の送迎の帰りに一枚。弓削駅を発車して岡山方面へ向かって築堤上を加速する快速列車。この場所もなかなか良い場所なのですが、後方にある国道53号線の陸橋の存在感が大きいのが難。でも仕方ないですね。(弓削〜神目)



1月18日今日の津山地方は一日良い天気。この列車と坪井駅で交換するキハ40を撮影しようと出掛けたのですが、撮影地に向かう途中、超スローペースの軽自動車につかまり間に合わず。25〜30km/hの速度で延々と後続車を引き連れての行進で、撮影場所に着く直前に目の前を通過していったのでした。クソ〜と嘆いても、もう少し家を早く出てれば十分間に合ったはずで、時間ギリギリに出掛けた自分が悪いと思い直して撮影した写真が本日の一枚。(美作千代〜院庄)



1月17日雪の舞う小駅に智頭行きの単行列車が入ってきました。(美作滝尾)



1月15日今日は岡山市へ出張の管理人。少し早く家を出て寄り道をしてから仕事先へ。何故かと言えば、奥様から「つまらない写真を撮りに行って燃料代を使ったり(そうは思ってません)、つまらない物を買う(模型やサボ等、管理人は資産だと思っています)より、我が家には受験生がいるんだから合格祈願の品でも買ってきなさい」との指令が出たので、ネットで調べて出掛けたものです。管理人にとって合格祈願の品と言えば、そうです、「滑り止めの砂」しかありません。鉄道は鉄でできた車輪(例外もありますが・・・)と鉄のレールとの間で摩擦力を使って進むものですが、線路が濡れていたり、発車時、勾配通過時等に車輪が空転するのを防ぐために車輪近傍に撒く砂です。それが小瓶に入れられて売られている?岡山電気軌道(岡電)に乗ってきました。ただ、岡電の車内で「滑り止め砂」が販売されているのは、「県民共済」のラッピング車両だけで、果たして限られた時間で出会えるかは不明。このため、まず終点の東山電停から徒歩10分弱の玉井宮東照宮(岡電の氏神様、「菅原道真」公が奉られている)まで行こうとして岡山駅前の電停に停車中の車両に乗り込んだところ、たまたま「たま電車」で、車内外には三毛猫の絵が多数。車内には「和歌山応援館」の看板とともに、和歌山県の観光案内パンフレットが。でも上述のとおり、この車両の中では「滑り止め砂」は販売されていないんですよね。(写真は「たま電車」の車内)
終点の東山電停から徒歩10分弱の玉井宮東照宮まで出向いて、@800円で「滑り止めの砂」をまず購入(左側)、それから東山電停に戻ったところ、運よく県民共済ラッピング車が停車中。車中に入ると、ガチャガチャで販売中なんですね。@20円/1回でハズレもあり。運転手さんから専用コインを購入するようにとの張り紙があり、周囲の目を気にしながら「すいません、ガチャガチャやりたいんですけど」と申し出ると、「何回やります?」とのこと。1回勝負に出ようかと思いましたが、控えめに「2回分お願いします」「40円です」とのやり取り後に、いざ勝負。無事に1回目で当たりました(2回目はハズレ)。それが右側の品。20円の方が随分大きいのはご愛嬌でしょうか。まぁ、どちらでも良いのですが、無事に合格してくれれば・・・。


1月14日一昨日の岡山駅22時27分、サンライズ瀬戸がサンライズ出雲の到着を待つホームのひとコマ。老若男女を問わず、連結風景をカメラに収めようとする人たちで大賑わいです。昨年末、とある番組で「鉄道BIG4」と呼ばれる方々の珍道中が放映された影響か。はたまた北斗星やトワイライトEXPの廃止報道のためか。理由はともあれ、夜行列車に人気があるというのは嬉しい限りです。ところで、なぜこの時間に管理人がいるかって? それはサンライズ瀬戸の乗客だからです。津山線からの接続が良く利用し易い(津山21:01発・岡山22:25着)ので、ちょくちょく利用しています(ガラ携のカメラにて)。



1月12日今日の津山は晴れたかと思えば雪が舞う不安定な天気の一日。撮影する側も陽が差し込んだり、小雪が舞ったりで、どう撮影するか考えていると列車が来てしまうもので、もう少し家を早く出ていればと悔やむことしきり。でも中々早めに家を出れないんですよね、この時期は。(亀甲〜佐良山)



1月11日津山線の岡山行き普通列車。先頭のキハ40-2043は、一時期、美作地域の観光名所を描いたラッピング車両になっていましたが、現在はタラコ色。(津山口〜佐良山)



1月10日津山線の多くの列車が写真のキハ40系列。この車両も既に製造から30年以上が経過し、今後が心配なところ。最近出張でよく津山線を使うのですが、車両の端部に座ると走行中むち打ち症になるのではないかと思われるほど揺れます(特に快速列車)が、これは車両が古いのか線路が悪いのか。とは言え、まだまだ健在で今後も頑張って欲しいですね。写真はR300のカーブに差し掛かる岡山行きの普通列車。(佐良山〜亀甲)



1月3日夕闇迫るなか、津山行きの列車がやってきました。夕日が落ちる前に来ないかなと思っていたのですが、日没の方が早かった。(美作千代〜院庄)



1月2日今日の知和駅。久し振りのドカ雪かと思いながら出掛けましたが、そうでもありませんでした。今日は知和駅→美作河井駅→美作滝尾駅と古い駅舎を巡ってみました。

美作河井駅。積雪は25cm程度でしょうか。

美作滝尾駅まで戻ってきたところで、再び雪が強くなってきました。ここの積雪は5〜6cm程度でしょうか。

雪の中をやってきた単行列車(美作滝尾〜三浦)

小さな子供がずっとこちらを見ていました。思わず流し撮り。(美作滝尾〜三浦)



1月1日明けましておめでとうございます。本年も津山周辺の鉄道をよろしくお願いいたします。今朝の津山近郊はうっすらと雪景色。雪煙を巻き上げながら走り去る列車を包むように太陽光が差し込んで新年早々良い感じでした。(坪井〜美作追分)